豆乳で健康生活始めよう

豆乳が女性に働きかける効果はイソフラボン

2017/12/04


コンビニエンスストアのドリンク棚には、何種類もの豆乳飲料が並んでいますね。美容と健康に気を配る女性たちの間で、豆乳はブームを迎えています。

豆乳が女性の身体に良いとの知識は広まっているものの、具体的に何が良いのかを知らずにいる人も多いのでは?豆乳に含まれるイソフラボンという成分がカギを握っています。

女性が健康で美しくいるために欠かせない女性ホルモンと、それと同じような働きをするイソフラボン。両者の関係をうまく繋ぐのは豆乳の力です。

女性ホルモンが分泌されるとどうなる?

豆乳に含まれるイソフラボンという成分は女性ホルモンと同じような働きをする成分です。

女性ホルモンは女性の美と健康に欠かせないホルモンですが、供給が不安定になりがち。
年齢とともに女性ホルモンの分泌が減少したり、妊娠・出産でバランスを崩すことが

あるからです。ストレス社会の影響もあるでしょう。
多くの危機にさらされる女性の身体を守るために、豆乳の摂取をおすすめします。

精神面

例えば生理前にイライラしたりする経験はないですか?PMS(生理前症候群)といって、女性ホルモンのバランスが崩れることが大きな原因です。

40代以降になると更年期障害に悩まされる人も。
なんとなく落ち込んでしまう…理由もなく涙が出てくるといった症状は要注意です。

豆乳に含まれるイソフラボンは、PMSや更年期障害の症状を和らげます。

肉体面

年齢を重ねるにつれて気になるボディライン。引き締まった身体とメリハリラインは若い時のようにはいかないものです。

とはいえ、なるべく美しくありたいと願うのは女性なら当然の願いです。
ボディラインを決めるのは、運動はもちろん女性ホルモンの働きも関係しています。

丸みを帯びた女性らしい体つきは、女性ホルモンがなせる業なのです。
豆乳には女性らしさを保つ要素も含まれているということです。

イソフラボンの1日の摂取量を守りましょう

注意してほしいのは、摂取量です。厚生労働省はイソフラボンの1日の摂取量を70~75mgが望ましいとしています。豆乳に換算すると200mg、約1本の計算です。

1日1本の豆乳を既にはじめている人も多いのではないでしょうか。女性の美容と健康に良いといわれる豆乳は、様々な形で商品化されていますね。

飲みやすいように調整されたものやバナナやココアで味付けしたもの、ヨーグルト製品等です。
豆乳に苦手意識のある人でも、気軽に試してみると良いですよ。

コレステロールを下げるトクホの豆乳