豆乳で健康生活始めよう

トクホの豆乳は何が違うのか?

2017/12/09

色んな豆乳が販売されている中で、何を基準に選ぶかといえば第1に効果だと思います。
豆乳をはじめる目的は健康・美容のためだからです。トクホの豆乳は、
コレステロールを下げる効果が認められているものです。

”トクホ”の言葉は広く知られていますが、意味を理解している人は
意外と少ないのではないでしょうか。
まずは、トクホについて知ることからはじめましょう。

トクホ(特定健康保健用食品)は何が違う?

トクホとは正式には特定健康保健用食品のことを指します。
消費者庁は特定健康保健用食品を次のように規定しています。

「許可等を受けて、食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、
その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」

つまり、トクホは一定の保健効果があることを科学的根拠をもとに国が認めている

ということです。

近年、健康食品として注目を浴びる豆乳も様々なメーカーから発売されて
いますが、トクホの豆乳は効果が保証されているぶん安心感が違います。

トクホの豆乳にある3つの特徴

消費者庁から特定健康保健用食品として認められた豆乳には、
3つの大きな特徴があります。

味が良い

豆乳を飲みたくても味が苦手だという人は結構います。
トクホの豆乳は、濃くて飲みやすいと評判です。大豆メーカーによる
独自の技術があるおかげで、おいしい豆乳を作り出すことができるのです。

高品質

同じ豆乳でも品質にはばらつきがあります。トクホの豆乳は
国産大豆を使用しているため、かなり高品質な豆乳といえます。

コレステロールを下げる効果

トクホの豆乳が力を入れているのは、コレステロール値を下げる効果です。
トクホの豆乳を1日1本、12週間飲み続けてコレステロール値が下がることは既に実証済みです。

料理にも使用できるトクホの豆乳で、料理のバリエーションが増える!?

そのまま飲むのに抵抗がある人は、料理に使用してみてはいかがでしょう。
スープやシチューの牛乳を豆乳に代えるだけです。

牛乳は乳糖でできているため、血糖値が上昇しがち。
豆乳に代えれば低糖質です。

罪悪感のあるスウィーツも豆乳で作れば、カロリーを減らせます。
国産大豆を使用したトクホの豆乳なら、他食材の味を引き立てながら、
それに大豆独特の深みを加えてくれます。

そのまま飲んでも料理に使用しても、なじみやすいのがトクホの豆乳です。

コレステロールを下げるトクホの豆乳